お金がないくせに「私立の高校に行け」「大学に行け」という父 親が選択肢を狭めているのに困らせることを子供に言うな!

実録!進学問題・お金がない!大学, 大学に行けない, 父親, 貧乏, 進学, 進学費用

お金がないくせに「私立の高校に行け」「大学に行け」という父 親が選択肢を狭めているのに困らせることを子供に言うな!

私の父親は自分のためか、子供のためか、はたまた両方の意味でやっているのかわかりませんが
お金があるというような見栄を張る感じがします。
私からみて、という感じですけど。。。

なので、父親の言動も「まじで言ってんのかな?」というものが多いです。

今回はその中でも、私が疑問に思っていた進学や学業について
「私立の高校に行け」「大学に行け」「大学に行き直せ」という謎

私立の高校に行け!問題

前の記事でも紹介しましたが、私の姉は私立の高校に進学していて、
学費がとても高くて母親は本当に困っていました。

冷蔵庫の前に貼られた学費についての手紙をみてため息をつきながら
父親やおばあちゃんに電話していたことを覚えています。
実際私も行けるもんなら、私立の高校に進学したかったのが本音です。
家庭のお金の事情を父親は隠そうとしましたが、私には筒抜けでした。
完全に金銭事情を察して、公立に進学することに決めました。

父親にずっと私立に進めと言われて

こいつはお金がないのに何を言ってんだ?と思いながらも
笑って、「嫌、こっちの高校に進みたいからもういいねん」と伝えていました。

私まで私立に進学してしまったら、母親がどれだけ大変になるか目に見えていたし、
授業料を支払って欲しいと親に頼むのはもう嫌でした…。
「私だってお金の悩みがなかったら私立に行きたい」という思いを我慢してるんやから
もう黙ってくれって感じ。

私が、高校を受験するときにおこっていたのが「定員割れ」
受験する人が少ないから、受ければ受かりますよーというような状態
まあ、締め切りまでには店員割れはなくなってしまっていたんですけどね。
そのときにまたもや、父親が滑り止めの私立が受かっていたことを知っていたので、
「定員割れしてたら、絶対受かるやん、私立行きや」と、、、、
もうこいつはあほなんだろうか…

行かせれるようにしてから言えや!!!!!!

いや、恥ずかしくないんかな?と思いますよね。。。
親が子供にお金の心配をされる、自分にお金がなくて選択肢を狭めているのに、わかっていない
ダメすぎる…
自分の嫁にも迷惑をかけることをわかっているんだろうか?
お金で困っている母親を見るのは嫌になりますよ。

なんとかなるって感じなんでしょうけど
今思ってもバカな人間だなーって感じ。

たぶん父親は父親として、私に学ぶ機会や学ぶ質みたいなものの
水準を高くしようと考えてくれていたんだと思いますが、
だめだよ…それを子供に選択させてあげられないなら、口にしてはだめだよ…。

結局私は公立へ

父親の言うことを信じて「行かせてもらえるなら、じゃあ私立行くわ!!!」
なんて選択をあのときしていたら、どうなっていたんでしょうね…考えたくもありませんね…(笑)
母親が泣いて、父親に授業料払ってと電話したら「え!今ないよ」とまた返事されていたんでしょうか。

専門学校を選択した私に父親が言ったこと

「専門学校なんかあかんやろ、もう一回大学行きなおしたら?」
誰がお金出すねん?

出してくれんのかい?、じゃあなぜ大学を進学しようとしたとき
「この大学授業料高くない?」って言ったんですか?
私が進学した後に、お金の援助なんて一度もしてもらったことがないですけど!?!?

食事以外の生活費はほどんど自分で出してましたけどーーーー!!!!
あなたに学費のこととか言われたくありませんけどーーーーー!!!!

確かに大学卒ではない私は、就職するときに大きな壁にぶち当たりました。
受験資格欄の「大学卒業以上」という言葉…
これを見ると、ああ私の選択肢ここでも狭まるんだなと思いました。
まあこれは、新卒だけの悩みですから、転職するときはあまり気にしなくていいですよ。

結論

とにかく、子供に選択させてあげられるまとまったお金がないなら子供を困らせること言うな!!!

親のお金がないとかわかりきっていることだし、私たち子供は前を向かなきゃ行けません。
自分でなんとかしないと、と自分のできる範囲・選択肢でやろうとしてるのに
へんな親心みたいなので、できもしないことや、期待させるようなことを言うのはやめて欲しい!

もし今現在、そうやって子供の進学のお金を集めることができず、悩んでいるご家庭があれば
真実を子供にしっかり話して欲しいです。
それでも、進学したいと子供がいうなら、制度をきちんと調べるべき!親がきちんと責任を持って!
できもしないことをやって、あとで困らせるほうが本当にひどい!

私はなにからなにまで、お金のことは自分で調べて、助けてもらったりしてなんとかできたけど、
お金を曖昧にするって怖いよね。

親がなんとかなるってお金のこと曖昧にしてて、結局お金ありませんでした。
なんて怖すぎる。
お金をちゃんと準備できなかったことは謝る、でもその後に子供と相談して寄り添ってあげることが大切だと私は思います。
なんとかするなら、なんとかする方法をしっかり子供に提示してあげるべきです。

これから、学費の無償化なども進んで少しずつ楽になるかもしれませんが、
日本の学費の向上も問題になっています。
しっかり子供の選択を増やしてあげられるように、まとまったお金の準備は必要ですね。

ほとんど私の愚痴でしたが…ここまでで失礼させていただきます。