高校の受験費用が払えない!!

実録!お金がない!, 実録!学生生活!

貧乏家庭でも最近は高校くらいでとかないと

やっていけない。

私も中学3年生のときは受験勉強をしていました。

頭も悪く、お金もない。

週5とかで塾にいきたかったのですが

かなり厳しかったので、親になんとかお願いして

週1日で夏期講習とかもなく塾になんとか通わせてもらえることに!

自分なりに勉強して始まる受験!

周りのみんなも受験では滑り止めとして、私立高校を受験していたので

私も一応私立を受験。

学費が高すぎていけるわけないけど(笑)

(私が学生だったころはまだ私立高校も無償化はされていませんでした。)

まず受験には、受験費用というものがかかるのです。

私立の受験費用は1万円!!!!

母親に「受験費用の1万円ちょうだい」と伝えると

「え、そんなの無いよ。パパに電話して頼んで」とのこと。

 

とりあえず父親に電話。

 

「私立の受験費用に1万円がいるからちょうだい」と伝えると

「え、そんなの無いよ!ママに頼んだ?」とのこと・・・

 

え やばくね?

 

もう大ピンチですよね(笑)

まじで笑っちゃいました。

「ママにも聞いたけど、無いからパパに電話してもらってって言われた」と伝えると

「えーーー。ちょっと待って」と言われ電話を終わりました。

受験を控えている子供がいるのに、1万円を準備できない親。

やべえよ!!!!!(笑)

もうこの事件で私は、大学進学を諦めましたね。

数日後母親がおばあちゃんからお金を借りたといって

受験費用を払ってくれ、無事受験できるように。

おばあちゃんありがとう。

母親も自分の母親からお金借りるの切なかっただろうな。

とにかく無事、私立高校は受かりました。