奨学金のやばさ。ただの借金です。子供へ借りさせることへの不安。貧困・自己責任・孫世代までへもつきまとう物。

お金の管理大学, 奨学金, 奨学金返済, 返すの大変, 進学

今回は奨学金について夫うーくんと一緒に対話式で書いていきます!!

私たちの奨学金について前置き

私は奨学金の一種と二種合わせて約350万円借りています。

利子付きの二種だけで約240万あります。

夫は奨学金を借りていません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「なんでまちは奨学金を借りたの?」

 

 

「進学するためのお金の蓄えがなかったから、借りないと進学できなかった…」

 

 

 

「借りる額はどうやってきめたの?」

 

 

 

「必要な2年間の授業料と教科書代とバイトできるか不安だったから通学費なども含めて少し多く借りる計算で決めたよ」

 

 

「奨学金はその計算で足りた?」

 

 

「足りたよ!奨学金は学費や交通費が足りない時だけに使うって決めて貯めてたから、自分のバイト代でうーくんと遊ぶ費用などは出してやりくりしてた」
「結果的に奨学金はだいたい50万円くらいは余ってて返済のために置いてたよ」

 

 

 

「まわりの人は奨学金をかりてた?」

 

 

「借りている人はクラスの半分くらいで、専門学校で少し学費も高かったのもあるかな??」
「借りている費用は人それぞれで、私みたいにつき7万くらいの人もいれば、月2万くらいしか借りていない子もいてたよ」

 

 

「まちは奨学金を借りたメリット・デメリットってどんなことがある?」

 

 

「うーーーん。借りたメリットはもちろん、学ぶ機会を得れたこと。あとは2年間で忙しかったけど、学生として楽しい時間も手に入れることでできた!」
「デメリットは、借金として私が返済しないといけなくて、働いた給料も返済期間だった40歳くらいまで毎月引かれていくこと、2種は利子もあるし、働きだしてから350万の借金があるって考えただけで憂鬱やった」


「いっつも奨学金早く返したいって言ってたけど、借りたことである苦労ってどんなん?」

 

 


「さっき言ったけど、自分が借金をもってること自体が苦労。どれだけお金を貯めても全部奨学金で無くなってしまうし、
うーくんにも迷惑かけてしまうから。」

 


「お金を貯めても奨学金で全部なくなるっていうのは、まちが申請してる「奨学金の返還期限猶予」のこと? 」
「普通はみんな働きながら毎月返してるよな?」

 

 

「そう!「返還期限猶予」のこと。」
「借りている子で知ってる子はみんな毎月決められた返済額を返してる。私は奨学金の返済を止めてもらってる期間利子がかからないことを教えてもらったから、借りた分ためてから返そうって決めて申請をだしてる」

 

 

〜「奨学金の返還期限猶予」について〜


「この申請のことは僕と付き合う前から、考えたの?」


「うん。とにかく返済を待ってもらえる10年間で貯めてまとめて繰上返済するつもりやった。」 「やっぱり、利子分も払うって言うのは辛かったからそこは頑張って貯めようと決めてた。」

 


「うーくんと出会って結婚して、生活費を支えてもらえたから、私の給料を全部貯金に回すことができて奨学金も思ってたより早く返済できることになってすごく感謝してます!」

 

 

「うん。それはいいよ、生活は僕の給料でなんとかできてるし、借金は早くなくしたほうがいいよなと僕も思う」

 

「ありがとうございます。」

「僕も奨学金が学生を苦しめているという内容の本を読んだけど、みんな苦労してるんやなと思ったよ。」

 

 

 

『奨学金が日本を滅ぼす』 大内裕和
奨学金がまぎれもない社会問題であることや、その理由が書かれていて、
奨学金がどれほど若者の負担になっているか知ることができます。

 

「正社員になれば返せる・なんとかなるって思っている人がほとんどやと思う。実際にちゃんと働けば返せるものやと思うし。
でも、奨学金の返済のせいで、辛い仕事や自分に合ってない仕事(ブラック企業と言われる会社など)も辞めることができなくて苦しんでいる人も多いと思う。」

私は幸い、うーくんみたいに支えてくれる人がいたから、きちんと返すことができたけど、20代前半の人が奨学金の借金を背負うことはやっぱり大変やと思う。」

 

奨学金を借りることの大変さ

私たち夫婦は私だけが奨学金を借りている状態で−350万円からのスタートです。
子供が奨学金を借りることを批判するわけではありませんが、
「借りなくて済むのなら借りたくなかった」というのが私の本音です。

私のように奨学金分をしっかり貯金して短期間で返すことができる人は少ないと思います。
これは、人の協力があってこそ、できることだからです。奨学金の返済で親元を離れられない人もいてます。

奨学金は住宅ローンなどの審査にも関わってくるものです。申請なしの滞納などは、裁判などに発展してしまうようです。

奨学金返済の大変さ

子供が奨学金で借金を背負い、結婚し、子供ができた時には借金がある分自分の子供(孫世代)へ残してあげられるお金は少なくなります。それを、自己管理がしっかりしていないからだと批判され、
子供は「そうか自己責任か…」と思うしかない。そんな世の中です。

私は自分の経験から、子供が奨学金を借りなくても済むようにお金の管理をして行こうと考えています。

私たち夫婦の考え、子供としての意見がなにかの役にたてれば嬉しいです。これから奨学金を借りる人や返済中の人も、借り方・返済方法など役立つ情報であれば幸いです。

お金の管理